園の特長

多彩なカリキュラムで心身の成長を促します

あおぞら保育
[写真]あおぞら保育の様子
あおぞら保育は、四季折々の自然の中で、自然の香りをいっぱい浴びながら草花を摘んだり、川で遊んだり、生き物を捕まえたり育てたりする保育です。喜びと驚き、からだを使う楽しさや難しさ、生命の大切さを子ども達と保護者が共有し、体験して感じ合っていきます。
水あそびスイミング
[写真]水あそびスイミングの様子
年少・年中・年長(3・4・5歳児)が、スイミングクラブで水あそびスイミングを行っています。まずは水遊びで水に慣れることから始まり、そして水泳の基礎を学んでいきます。からだ全体の発達を促進し、水の中での運動の楽しさと水の安全を体験します。(月2回)
分野別保育
[写真]分野別保育の様子
3才〜5才の異年令の子ども達が、自分でやりたい遊びを選び、友達と楽しく活動します。4つの分野の部屋では、クラス担任とは違う保育士と、年令の違う兄弟グループと遊ぶ中で、お互いに学びあいます。子ども達は、この分野別保育を「たのしいお部屋」と呼び、目を輝かせています。(週2回)
若とかぐや姫プログラム 〜伝統文化 日本舞踊を通して〜
[写真]若とかぐや姫プログラム〜伝統文化 日本舞踊を通して〜の様子
年中・年長(4、5歳児)が日本舞踊を通して遊び的な要素を踏まえながら、表現力や創造力・挨拶の仕方・立ち振る舞い・日常生活の礼儀や所作などを学ぶことを目的としています。子ども達は着物を着ることで、顔つきもがらりと変わります。講師は日本舞踊の師匠が来園しています。(月2回)
お行儀プログラム
[写真]お行儀プログラムの様子
年中・年長(4、5歳児)がお茶の先生に習いながら、茶道を通して、礼儀作法を身につけます。(履物を揃える、正座、正しい姿勢、歩き方、おじぎの仕方、正しいことばづかい、あいさつ)静かな時間の中で一つひとつていねいに、礼儀作法を学びます。(月2回)
お泊まり保育
[写真]お泊まり保育の様子
夏には年長のさくらグループが、群馬県赤城山にある「赤城パスオ活動センター(パスオ野外教育研究所)」にて2泊3日の自然キャンプ体験をします。就学を控え、親と離れても自立した生活習慣の確立を目指します。野外炊事・キャンプファイヤー・テント泊・川遊びや虫探しなどの自然体験も行います。

ページの先頭へ戻る